2012年02月22日

forestry photos...1

ex1.jpg



ほんとは期間初日から実行したかったこと


遠くはなれた人にも写真を見せる


会場に展示されなかった写真を
この空間で貼っていきます



2012年2月21日から開催の

「林業 -足立 成亮展-」
infoはこちら

月曜日に搬入を終わらせて来た
特に今回はこだわらない展示にしようと思ってた


自分でも空間の仕上がりは
そこまで期待していなかったのだけど

意外とそれなりにしっくりいったので
なんかオススメっす・・・

自分の展示なのに他人行儀でナンだけど


お近くの方は酒のついでにでも
見に行ってやってください

ex2.jpg
林業photo.... 1.5



posted by sam at 20:41| Comment(4) | TrackBack(0) | !!EXHIBITION!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです!
「林業」展拝見させていただきました
写真だけと思いきや、仕事に使用する機材、装備も展示しており
自分の全く知らない分野である林業の片鱗を堪能させていただきました。

写真を見る限り本当に山の中なんですね…

記事の通り店の雰囲気にしっくり合ってましたよ^^
Posted by MAKOTO at 2012年02月23日 01:30
MAKOTOさん

どうもです
そうですね、
畑が少しと、あとは山です

人の数より鹿の数が多いです

そんな町ですよ
Posted by sam at 2012年02月23日 12:55
写真を拝見しますと、林業は厳しそうですね。
山は誰のためにあるのでしょう
何故森林整備が必要なのでしょう
もともと森林は自然に育成され人々と当たり前に共存してきたはず、人工林もいずれは天然林化されるはず、人が手入れをすることが、そもそも不自然であり、自然は自然であり、人が手を加えると不自然であり、樹はそれを望んでいるのでしょうか。天然林化を遅らせているのかもしれませんね。全世界の森林が早期に天然林化される事を望みます。
Posted by フォレスター at 2012年02月26日 21:53
フォレスターさん→どうも

んー、なんと言っていいか・・・
論点が多角的すぎてこの空間では無理ですね

少し述べておきます

あなたの言っている事は正しいです
一つの本質である、と

そして
もうひとつの本質をここに置いておきます

人間もまた、地球の営みの結果だと言う事実です
自分自身を「不自然」と呼ぶのは、
少々寂しい気がしますよ?


林業とか環境の捉え方については
人それぞれです
ここでは触れません


また写真でも覗きに来てくださいね
Posted by sam at 2012年02月26日 23:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。